【おしっこ】膀胱観察13 限界立ちション編 排泄実験観察シリーズ32


女性は曲線で出来ているとは良く言ったもので、おしっこを我慢している女性というのは、膀胱がふくらみ、なおさら曲線が際立っている。本作はそのお腹のふくらみが、放尿時にどのように凹んでいくのかを観察する。
今回も4人の女性が限界立ちションを披露。慣れない立ちションで足をビショビショにする子、ものともせず800ccをたたき出す子など個性が映える。そんな彼女たちにも、たった一つだけ共通していることがある。それは 「おしっこを出したい」 という欲望だ。
今回はお馴染み大迫力のスーパースローに加えて、股下に新たなカメラを設置した。直上より注ぐおしっこに刮目だ。
女体のフェチ感を、おしっこと共に。

スタイルの良い女。スレンダーボディとぱんぱんに張り詰めた腹部のコントラストが美しい。お股を突き出し、ガクガク震えながらおしっこをダラダラ垂れ流した。うーん、えっちだねえ。
口の達者な女。こちらも随分細身だが、膀胱容量はかなりのモノ。ぶれない一本線の放尿で、周囲に撥ねたにも関わらず800ccを記録。えっちだ。
おもちボディの女。我慢に合わせてタプタプ揺れる下半身がなんとも愛くるしい。「あ、やあん」と静止を振り切って放尿してしまった。えっちだぜ。
顔がいい女。なんだかつかみどころが無いが、膀胱の膨れ具合はこの子も見事。腰を振り振り我慢し、しっかりと背を伸ばして放尿。新設した股直下カメラに降り注ぐおしっこに興奮。えっち!!!

タイトルとURLをコピーしました